ラミューテの化粧品が授乳中のママにも安心して使えるのはなぜ?

授乳中

ラミューテの化粧品は口コミでも評価の高い化粧品です。しかし、どんなに良い化粧品でも、授乳中のママが使えるとは限りませんよね。実は、ラミューテは授乳中のママも愛用できる商品となっています。ラミューテが授乳中のママに支持される理由を見ていくことにしましょう。

敏感になる授乳中だからこそ、ラミューテがいい!

妊娠中は女性ホルモンがたくさん分泌しているので、「肌のツヤやハリがでて良かった!」という声を耳にすることも多いもの。しかし、出産し、授乳するようになると女性ホルモンバランスが乱れて敏感肌になったり、大人ニキビなどの肌トラブルが出やすくなったりすることが多くなります。このような授乳中の肌トラブルにはしっかり女性ホルモンバランスを整えたり、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を増やしたりするようなサポートが大切になってきます。ここで活躍するのがラミューテの化粧品と言うわけです。

ラミューテの化粧品は、化粧品でありながら全てのアイテムに芳醇な香りのするダマスクローズウォーターという成分が配合されています。ダマスクローズウォーターには心を癒したり、ストレスを緩和したりする効果があります。気持ちが鎮静化すると自律神経が整って女性ホルモンのバランスも良くなりますし、敏感肌や肌トラブルを回復できます。また、ラミューテの主成分はバラという天然素材を使用しているので、安心して使えそうです。

ラミューテの化粧品は授乳中のママにはうれしい無添加化粧品

授乳しているということは、ママの食べたものや肌に付けたものが赤ちゃんの飲む母乳に直接影響するということになります。このため、授乳中のママはお酒や刺激の強い食べ物は母乳の成分や味に影響するので避けるというのが普通ですが、皮膚に付けたものも血液に交じって母乳の成分に影響する可能性があるということを知っていますか?例えば、美容院に行っても授乳中はカラーリングする場合、刺激の強い染色液を使わない方が良いと言われています。

ですから、毎日朝晩使う基礎化粧品の成分も、授乳中のママの場合、気を付ける必要が出てきます。ミューテの化粧品はパラペン、アルコール、合成着色料、鉱物油、石油系合成界面活性剤が完全フリーとなっていますので、授乳中の人や肌が弱いという人でも安心して使えるそうです。ドラッグストアなどでは、プチプラの化粧品もたくさん売られていますが、そのようなものには大抵たくさんの保存料や香料着色料や界面活性剤が使われています。肌が荒れないので、そのようなものでも問題ないと思って使っている人も多いかもしれませんが、授乳中の場合は敏感肌でなくても、なるべく天然由来成分で作られているラミューテのような化粧品を使うようにすることが大切なのです。

ラミューテの化粧品はお手入れが簡単で授乳中のママ向き!

授乳中のママは赤ちゃんのお世話で忙しくて、自分の肌のお手入れのための時間なんてゆっくりとれないという人がほとんどだと思います。ラミューテの化粧品はビオリズム洗顔フォーム、洗顔、エンリッチ化粧水、アドバンス保護美容液というたった3つのアイテムでのお手入れなので非常に簡単です。アイテムにあえて乳液がないのは、乳液がなくてもしっかり保湿する機能が備わっているからとのこと。また、長時間パックしたり、マッサージしたりするアイテムもありませんし、簡単で時短なお手入ればかりです。しかも、しっかり肌を保湿したり、女性ホルモンに働きかけたりしてくれるので、授乳中の忙しいママにはうってつけの化粧品と言えそうですね。安心安全なラミューテですので、ぜひ授乳中ママさんも使ってみると良いでしょう。

公式サイトでスターターキットをチェック!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ