ラミューテのラインナップに乳液がないのはどうしてなの?

乳液

ラミューテの化粧品には、ビオリズム洗顔、エンリッチ化粧水、アドバンス保護美容液という3つのアイテムがありますが、乳液がないことに疑問を持つ方もいることでしょう。乳液は化粧水の後に保湿力を高める目的で使用するアイテムですが、どうしてラミューテにはないのでしょうか?

ラミューテに乳液がないのは・・・必要ではないから

ラミューテの化粧アイテムは、洗顔フォーム、化粧水、美容液という3つです。一般的な基礎化粧品だと化粧水のあとに乳液が用意されているものが多いので、「ラミューテには乳液がないけど大丈夫?」とちょっと心配になってしまいますよね。普通は化粧水で肌に水分を与えて、その水分が再び外へ出ないように皮膚にふたをするために乳液を使います。しかし、ラミューテは一つ一つのアイテムがしっかり保湿するように考えられているのであえて乳液を必要としていないのです。

ラミューテは一貫して肌の保湿を重要視しています。このため、保湿の重要アイテムであるエンリッチ化粧水とアドバンス保護美容液は2ステップのみで肌にしっかり水分を与え、水分を閉じ込める働きをする成分が使われています。エンリッチ化粧水には粒子を非常に小さくして肌細胞にぐんぐん浸透するように作られた、ナノヒアルロン酸とナノコラーゲンが配合されています。また、アドバンス保護美容液は肌細胞にハリや弾力が出るように、プラセンタやヘキサペプチド-3という成分が配合されています。どちらのアイテムもお互いを働きや成分を補うようにしっかり肌を保湿してくれるので、ラミューテはあえて乳液を作っていないというわけです。

ラミューテは乳液がないので、忙しい朝でも簡単!

色々な基礎化粧品が出回っているので、どの化粧品を使ったらいいかわからないと悩んでいる人もいると思いますが、基礎化粧品で重要なことはいかに簡単なお手入れで肌がきれいに健康になるかということですよね。ですから、お手入れが複雑だったり、部位によって付ける化粧品が違ったり、時間を置く必要があるという化粧品は、忙しい人ほど使うのが面倒になってしまうものです。結局使わないアイテムが残ってしまうという経験はありませんか?ラミューテは乳液という、ごく一般的なアイテムがないので使う側としては非常に手軽です。

ラミューテはお手入れも非常にシンプルですが、一つ一つを丁寧に正しく使うことで時短でもしっかりした効果が得られます。化粧水はサラサラの化粧水というより、少し乳液のようにトロッとしていますので、問題もありません。一回に使う量は500円玉ほどの量ですから、決して一度にたくさん必要と言うわけでもありません。しかし、肌の奥まで水分が行き渡るような感触になり肌がしっとりしますから、乳液が必要ないというのも頷けます。

ラミューテは他のメーカーの乳液を使っても大丈夫なの?

今まで化粧水、乳液、美容液という手順で肌のお手入れをしていたという人はラミューテのように乳液がないというプロセスがちょっと不安だなと感じる人もいると思います。ラミューテでは、そんな理由からエンリッチ化粧水の後、乾燥が気になるという人は他メーカーの乳液を付けても良いとしています。ただし、ラミューテのエンリッチ化粧水の後に乳液を付けてしまうと、乾燥をあまり感じていない場合、ベトベトしてしまう可能性があります。アドバンス保護美容液を付けることで十分肌を保湿できますので、まずはラミューテの使い方を試した上で、考えてみるようにしましょう。

洗顔後、化粧水と美容液しかしないシンプルなお手入れは時間短縮だけでなく、コストの面でもお得なような気がします。ラミューテは決して安い化粧品ではありませんが、揃えるアイテムが少なくて済みますし、プロセスが簡単なのでアイテムを無駄にせず、しっかり丁寧に使うことができるので長い目でみると非常に経済的です。考え方次第ではありますが、それだけ潤う化粧品と言うことですね。ぜひ自分の肌で試してみてくださいね。

公式サイトでスターターキットをチェック!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ